「HUAWEI P20 lite」レビュー後編は、最大の魅力でもあるカメラをチェックしていく。ファーウェイといえば、Leicaとの協業で高品質な写真の仕上がりが特徴の上位機種がよく知られているが、HUAWEI P20 liteにLeicaの文字はない。それでもカメラ周りは良好な仕上がりで、インカメラの性能も加味すると、ターゲットをよく意識したものといえるだろう。また、ダブルレンズである部分もポイント。後述するが、撮影補助として別途レンズを搭載しており、アパーチャー機能についてはハイエンド端末と大差がない。さっそくチェックしていこう。

P20L
Leicaの文字はないが「HUAWEI P20 lite」のカメラはとてもイイ感じだ

 アウトカメラから見ていこう。1600万画素+200万画素となっており、主に使用されるのは、1600万画素のレンズになる。では、200万画素のレンズはというと、補助として用意されており、背景をぼかすアパーチャー機能の深度情報取得に使用されている。

 アパーチャー機能とは、デジタル一眼レフ/ミラーレスで浅い被写界深度で撮影したような撮影ができる機能だ。タップした部分から後ろをボカすことで、被写体を際立たすことができるほか、ソフトウェア的に再現されたF値の変更もできるし、フォーカスをあとから変更することもできる。

 これはシングルレンズのスマホでも対応する端末はあるが、たとえば、コップのハンドルにある空間だけボケないといったことがよくあったが、HUAWEI P20 liteの場合はそのような状態になりにくく、また細かい物体に対しても成功率は高め。また後ろボケだけでなく、前ボケも比較的自然であり、使えるシーンも多い。

※作例写真は原寸で掲載しています。データ通信量にご注意ください。

P20L
アパーチャー機能の例
P20L
コップのハンドルを見ると、微妙にボケ方が異なっているが、ちゃんと機能している
P20L
少しコップから離れて、かつ手前に物を置いた状態。手前のボケは不自然ではないが、コップのハンドル内側に効果は適用されていない
P20L
花の全体を撮影する場合は、まず失敗しない
P20L
構造が細かい花でも同様だが、細かい部分で失敗しがち。ただSNSで表示されるサイズだとあまり分からないレベルだ

 では、1600万画素側での撮影結果を見ていこう。傾向としてはやや明るめに撮影されるが、雰囲気を乱さないので、気兼ねなくシャッターを切っていけるだろう。ただ室内では明るくなりがちなので、このときには露出補正で暗めにしたほうが雰囲気がよくなる。なお、F値はF2.2だ。

P20L
彩度が高めに出る傾向は少なめ。味気なくも感じる人もいそうだが、写真加工アプリでいじりやすいので、困ることはないハズ
P20L
P20L
構造物は晴天や曇りの日中であれば、とてもシャープに描写してくれる
P20L
P20L
お散歩カメラとしてはとても使い勝手がいい
P20
HDRはほどほどで、けっこうアリである
P20L
水の表現はけっこう味があるので試してほしい
P20L
P20L
ご飯写真については、室内ではあまり美味しく写らないことが多い。Foodieといったアプリでカバーするといいだろう
P20L
P20L
室内でのテスト。左はとくに露出を調整していないもの。室内ではだいたい必要以上に明るくなりすぎだ。右は露出を下げてみたもの。気になる場合は露出を変更してみるといいだろう

 インカメラは1600万画素で、アウトカメラよりも明るいF2.0を採用している。お約束の美肌機能もデフォルトでオンになっているほか、ジャスチャーによる撮影機能もアリと、自撮りに関しても抜かりはない。ビューティー機能については、デフォルトだとほどほどの処理になっており、露骨にビューティー処理をしたようには見えない。もちろん、各設定を最大にすると男性でも別人になるほどなので、これは店頭で試してみるといいだろう。ともあれ、インカメラとしてはミドルクラスらしくないものであり、ファーウェイが狙うターゲットがよくわかる。

P20L
おなじみ、つばさ嬢によるセルフィーのサンプル

 後編ではカメラを重点的にチェックしてきたが、少しクセはあるものの、ミドルクラスとしては良好な描写であり、インカメラについてはハイエンド並の性能だ。前編で触れたように、基本スペックも高く、お買い得なモデルといえるだろう。そろそろ機種変更を検討しており、かつなるべく予算を抑えたいのであれば、HUAWEI P20 liteをチェックしてみよう。

■関連サイト