日本の産業界は、掛け値なしに躍進した中国と向き合うときに来ているのではないだろうか。