米イリノイ州オークブルック在住のコンサルタント、アーナンド・カレルカル氏(37)が大手保険会社で新しい仕事に就くと、社内からインスタントメッセージや電子メールが次々に舞い込み、カフェテリアでは自己紹介をしたがる同僚が相次いだ。   間もなく、カレルカル氏は自身の人気の理由に気付いた。多くの同僚は同氏がマイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」の達人だと聞きつけ、手に負えない表計算シートやピボットテーブルをどうにかしてほしいと助けを求めてきたのだった。