ちなみに、原油もドルも、ニューヨーク以外の所でも取引されているが、そうした取引は「ニューヨークでの取引の価格」を参考にしながら行われる場合が多いので、原油もドルもニューヨークで動いていると考えて大きな問題はない。

日本国内の経済状況の
影響を気にすることはない

 上記のように、ガソリン価格が変動する主な要因は世界情勢である。つまり、国内の経済状況はガソリン価格にあまり影響しないのだ。

 もちろん、わずかには影響する。例えばガソリンがよく売れれば、ガソリンスタンドは強気になって「適正利潤」を従来より多めに確保しようとするかもしれない。ガソリンスタンドが過当競争を始めれば適正利潤などと言っていられず、値下げ競争が繰り広げられるかもしれない。あるいは、景気が絶好調でアルバイトの時給が上がれば、それがコスト上昇としてガソリン価格に転嫁されるかもしれない。

 そうしたことは当然あり得るが、原油とドルの価格変動の大きさと比べると、その変化幅ははるかに小さいので、あまり気にすることはないといえる。