貯めるべき老後資金は、
本当はいくら?

老後に必要なお金は3000万円?1000万円?
Photo:PIXTA

 年金生活に入るまでに用意したい老後資金は、人によっても異なるが、と前置きしたうえで、2500万~3000万円がひとつの目安と言える。金額を言う際は、次のような根拠も合わせて伝えるようにしている。

 用意したい老後資金=年金生活での毎年の赤字額×65~90歳までの25年分+数年に1回の特別支出にかかる費用

 たとえば、年金収入が夫婦2人で約300万円(会社員だった夫220万円、専業主婦期間が長い妻80万円)、支出は年360万円(税金や社会保険料の支出も含める)と予測するケース。この場合、年間収支は60万円の赤字となる。

 毎年の赤字分は、老後資金から取り崩すことになる。赤字分を年60万円と見積もると、65~90歳までの25年間で1500万円だ。

 これに加える「特別支出」は、たとえば車の買い換え費用、住宅の修繕費、病気や介護費用の備えなど。金額は人によって異なるが、1000万円と見積もると、先の毎年の赤字分の1500万円と合わせて老後資金は2500万円必要という結果になる。

 毎年の取り崩し額を100万円と見積もれば、トータル3500万円用意しなくてはいけないし、100歳まで生きて毎年60万円取り崩すプランならトータル3100万円となる。

 実際には、自分も配偶者も何歳まで生きるかはわからないし、何十年も毎年同じ金額を取り崩すと決めてしまうのは現実的ではないため、老後資金作りの目安は、あくまでも目安であり、「目標額」に過ぎない。