先週インドネシア沖でライオンエア航空の旅客機が墜落し189人が犠牲になった事故を受け、機体を製造した米航空機大手ボーイングと米連邦航空局(FAA)は警告を出す方針だ。機体のコントロールに関わるソフトウエアに問題があるか、その情報をパイロットが誤解することで機体の急降下につながる可能性があるという。事情に詳しい関係者らが明らかにした。  墜落したのはボーイング737MAX8型機。