サウジアラビア最大の政府系シンクタンクは、石油輸出国機構(OPEC)解体が原油市場に及ぼし得る影響について調査している。60年近くOPEC盟主として君臨してきたサウジでは、この種の調査は注目される。  ドナルド・トランプ米大統領がOPECは原油価格を押し上げていると非難するなど、サウジ政府は新たな圧力にさらされている。また、米国を拠点に活動していたサウジのジャーナリストが殺害されたことを受け、投資家は同国から距離を置いている。