米連邦控訴裁判所(高裁に相当)は8日、親に連れられて幼少期に不法入国した若者(ドリーマー)の在留を認める救済制度「DACA」を廃止しようとするトランプ政権の計画を退けた。  サンフランシスコにある第9巡回区控訴裁の判事3人で構成するパネルは、オバマ前政権が2012年に導入したDACA制度の撤廃を昨年9月に決めた際、トランプ政権は不適切で誤った理由を挙げたと指摘。政権の判断に異議を唱える者は「DACA廃止が専断的で恣意(しい)的、または法に基づいていないと主張し、成功を収めるだろう」と述べた。