【モスクワ】米国の経済制裁の影響で景気が悪化するロシアは、今月中に発動が見込まれる追加制裁に備えて、ドルの使用を絶とうとしている。  ロシアの中央銀行は今年、金の保有高を積み上げ、米国債を売却してきた。現在、これまでより多くの貿易取引の決済をルーブルや他の通貨で行う計画が進行中で、ドルの使用を避ける輸出業者への優遇税制も検討されている。