オーストラリアや日本、欧州連合(EU)など米国の同盟国は、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を巡り、新たな安全保障上の懸念を相次ぎ指摘している。ファーウェイへの圧力は一段と高まりつつある。  サイバーセキュリティー専門防衛機関であるオーストラリア通信電子局のマイク・バージェス長官は、8月に第5世代移動通信システム(5G)の導入プロジェクトからファーウェイを排除したとことを明らかにしている。