自らスライドを作れるようになればプレゼンテーションの準備作業全体が早まるし、他のスタッフの負担も減るのだが、それが分かっていない。

 そのような営業がいう「○○みたいな感じ」とは、具体的にどのような感じなのか?○○と全く同じものを顧客に提案するわけにはいかないだろう。それでは顧客を軽く見過ぎだ。

 顧客の課題が何かを考えれば、過去に成功した成果物がそのまま他社に転用できるとは限らないことだって多々ある。

「売れそうな」というのは、売れた理由はなんだったのか?何がカッコ良いのか?を明確にしていないまま、勝手な思いで話していることすらある。

 顧客は課題を抱えていることが多く、課題を明確に言葉にもできず、その課題解決のための手段を持ち合わせていないことが多い。だから他社に相談するのだ。

結果を出す営業になりたければ
とにかく経験を積むことだ

 その窓口である営業は、顧客の不明瞭な言葉一つ一つにしっかりと定義を与え、メンバーに伝え、「今回の顧客はここが課題だ。だからその解決のためにこのゴールを目指す」と意図と方向とゴールを明確に示すことで、初めてチームが動き出すのだ。