16種類の特定疾病が原因なら
40~64歳でも介護保険利用可能

 介護保険の加入者(被保険者)は、65歳以上が「第1号被保険者」、40~64歳が「第2号被保険者」と呼ばれ、それぞれ受給要件や保険料納付は下表のように決まっている。

 介護保険は40歳になった誕生月から加入義務が発生し、保険料の徴収が始まる。「介護保険料を払った覚えがない」という人もいるかもしれないが、40~64歳の人の介護保険料は、健康保険料に上乗せする形で、健康保険組合が徴収している。会社員は給与明細、自営業やフリーランスの人などは国民健康保険料の納付通知などを確認してみるといい。

 65歳以上の人は、介護が必要になると原因を問わずに介護保険が利用できるが、40~64歳の人が利用できるのは、つぎの16種類の特定疾病で介護や日常生活の支援が必要になった場合だ。

◆40~64歳で介護保険を利用できる16種類の病気
(1) 末期がん
(2) 関節リウマチ
(3) 筋委縮性側索硬化症(ALS)
(4) 後縦靭帯骨化症
(5) 骨折を伴う骨粗鬆症
(6) 初老期における認知症
(7) 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病、
(8) 脊髄小脳変性症
(9) 脊柱管狭窄症
(10)早老症
(11)多系統萎縮症
(12)糖尿病性神経障害
   糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
(13)脳血管疾患
(14)閉塞性動脈硬化症
(15)慢性閉塞性肺疾患
(16)両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症