HoloLens

 マイクロソフトのMRデバイスMicroSoft HoloLensが、在庫切れによる販売停止となっていることが判明した。販売が停止となっているのは開発者向けモデルで、在庫切れの状態は2019年初頭も継続中だ。

 MicroSoft HoloLensは2016年にアメリカで開発者版が3000ドル(日本国内ではおよそ33万3800円)で発売され、同年後半には法人向けモデルが5000ドル(およそ55万5800円)でリリースされた。日本では、2017年1月から正式に発売されている。

 開発者向けのHoloLensが販売停止となった正確な日時は判明していない。米Road to VRによると販売停止が始まった日付は不明としつつ、販売停止が続いている期間を「数週間」と報じている。一時期は法人向けのHoloLensも在庫切れによる販売停止となっていたとのことだが、法人向けモデルの販売は2018年12月31日の時点で日本でもすでに再開されている。

 Road to VRは販売停止の理由として、次世代版MicroSoft HoloLensの開発が終了し、公開が間近に迫っている可能性を有力視している。次世代版MicroSoft HoloLensの詳細は、新型HPUと次世代のKinectが搭載されるという情報以外、ほぼ明らかになっておらず、外観や価格なども一切未公表となっている。発売日も明かされていないが、Road to VRを含む複数のVRメディアは、2019年に何らかの動きがあるものと推測している。