ARファッションショー
VRScoutより(Image Credit: RT Play)

 2018年12月にイランの首都テヘランで、AR(拡張現実)を活用したファッションショーが開かれた。本ファッションショーの特徴は、モデルがキャットウォークを歩かず、服だけがキャットウォークを歩いているように見える。

 VR情報サイトVRScout が報じたもの。ファッションショーは、イラン初のファッション&アートマガジンが協賛のもと制作されたという。ARショーでは、見えないモデルたちがランウェーを行き来する。なお、このショーはVR Vision portalと呼ばれる設備で体験可能で、ランウェ-を真正面から見ることもできるようになっている。

 VR Vision portalを提供したのは、企業や事業向けにVR技術を提供するテック企業VR Vision。ショーで活用されたAR技術は、海外の匿名企業が開発したとのこと。ARを活用したファッションショーでは、ファストファッションブランドのH&Mが、Magic Leapを使ったARイベントを開催しており、今後もファッション業界でのARの活用に期待したいところである。