日立製作所AR鉄道作業

 日立製作所は1月11日、AMAGATAおよび京都機械工具とともに鉄道車両向けAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発したと発表した。

 作業者のヘッドセットのディスプレーに締結すべきボルトの位置を表示し、規定通りに作業ができたかを確認、デジタル処理によって自動的に管理する。本システムを活用することで、鉄道車両の製造作業の効率化と品質の向上を図るとのこと。

 今回、AR技術を利用した新たなシステムを加えることで、締結作業全体のデジタル処理による自動での合否判定を実現している。作業者が装着するヘッドセットのディスプレーには、締結すべきボルト上にボルトの3Dモデルが表示され、事前に入力した設計データを元に作業者を誘導する。

 今後、「鉄道車両製造において、今回開発したボルト締結作業管理システムの現場実証を重ね、2019年度下期の実運用を目指す」としている。