あのPalmとOsmoPocketを使って
遊んでみました

 手のひらサイズのジンバル内蔵カメラ「OsmoPocket」。街撮りをする人を中心に人気となっています。しかもスマートフォンの外部端子に直接取り付けできるので、スマートフォンと一体化させて使うこともできます。筆者もモトローラの「moto z3 play」にOsmoPocketを付けて遊んでみました。

430
OsmoPocketにはPalm Phoneがジャストフィット
430
moto z3 playとハッセルブラッドトゥルーズームとOsmoPocketで最強カメラを作った

 とはいえ、スマートフォンとの接続はUSB Type-C、またはLightning端子なので強度がありません。実際に使うときは両手持ちが必要になります。ならば超小型のスマートフォンを使えばいいのではないかと、「Unihertz Atom」試してみましたが、USB端子が本体の横についています。

430
ミニスマホ「Unihertz Atom」とOsmoPocketの組み合わせ

 そのためOsmoPocketを取り付けるとUnihertz Atomの画面が縦向きになってしまい、アプリを使ってのプレビューファインダーとして使えません。この組み合わせなら片手餅もできるだけに残念。

430
Unihertz Atomのディスプレーが縦向きなので使いにくい

 他にミニサイズのスマートフォンが無いかと思ったら、アメリカで発売されているPalmブランドのPalm Phoneがちょうどよさそう。3.3型ディスプレーです厚さはわずか10ミリです。

430
Palm PhoneとOsmoPocket

Palm PhoneにDJIのアプリをインストールする

 OsmoPocketのスマートフォン用アプリ「DJI Mimo」の推奨インストール機種にPalm Phone(やUnihertz Atom)は入っていませんが、アプリのインストールは問題ありません。OsmoPocketの本体中央にType-Cコネクターを刺してPalm Phoneを装着するとまるで外部モニターのようなフィット感があります。

430
アプリを入れてPalm PhoneとOsmoPocketを合体

 さっそくOsmoPocketで撮影をしてみると、3.3型とはいえOsmoPocket本体のモニターより大きい画面でプレビューできるので使い勝手は上々。しかもPalm Phoneは軽いので、OsmoPocketだけを握って持つこともできます。

430
この組み合わせ、まるで純正外部モニターを付けたような感じになる

 Palm Phoneの裏面もOsmoPocketのような非光沢仕上げなら一体感はより増すのでしょうが、OsmoPocketの使い勝手を高めるという点でこれ以上の組み合わせはないかもしれません。

430
裏側から見る。どちらも黒いボディーなのでつや消し、つや有りの差も気にならない

 自分撮影時もやはり本体モニターよりPalm Phoneの画面のほうが細かい部分まで見ることができます。大型のスマートフォンのディスプレーではなくとも、これくらいのサイズで十分と感じました。Palm Phoneはまだアメリカでしか販売されておらず、価格は約350ドル。SIMフリー版が各国で出てくれば、OsmoPocketユーザーにとって気になる端末になるかもしれません。

430
自撮りしてみた。こちらもプレビューが見やすいので使いやすい

 ただし問題が一つ。OsmoPocketはAndroid端末をつなぐと、端末側からOsmoPocketへ給電してしまうのです。Palm Phoneは800mAhとバッテリー容量が少ないので、バッテリー残量が少ないときにこの組み合わせで使うと、あっという間にPalm Phoneの電池が切れてしまいます。そこだけ気を付けて使えば、OsmoPocketの活用の場はさらに大きく広がるでしょう。

430
この2つのセット売りをお願いしたいくらいベストな組み合わせ