文化的風土を
理解する能力も低い

「できるアピール」が多い人に見られがちな、2つ目の特徴として、文化的風土を理解する能力が低いということがある。

 欧米社会は、必死になって「できるアピール」ができないと生きていけない文化的風土だ。だから、子どもの頃から、事あるごとに相手を説得し、打ち負かすべく、虚勢を張って生きていかなければならない。子どもですらふんぞり返った偉そうな態度を取るのも、そのためといえる。

 子どもたちに「どのような人間になってほしいか」という期待のことを発達期待という。この発達期待に関して恩師の心理学者たちが行った日米比較研究によれば、日本では思いやりがあり協調性のある人間に育ってほしいのに対して、アメリカでは自信があり自己主張できる人間に育ってほしいといった真逆の結果が示されたのである。

 つまり欧米社会の場合、生意気でかわいげのない大人びた子どもが多いのも、子どもらしさやかわいらしさに価値が置かれない文化的風土があるからだ。そこでは、自信たっぷりに振る舞うことが求められる。

 これに対し、日本の社会では、子どもらしいかわいらしさや素直さに価値が置かれているため、頼りないあどけなさも、無邪気さも受け入れられ、温かい目で見守ってもらえる。

 日本ではそうした文化的風土があるため、子どもも若者も、相手を尊重し、相手の期待に応えることを優先し、謙虚に、かつ協調的に振る舞うことが求められる。

「グローバル時代だから日本人も自信を持つように…」と言うような人がいるが、自信の持ち方にも文化的風土が大いに絡んでいることを忘れてはならない。

 ところが、能力の低い人は、仕事をこなすにはどうしたらよいかを理解するのが苦手であるだけでなく、そうした文化的風土を理解することもできない。そのため、グローバル時代だからといって、欧米文化をむやみに取り入れようとする最近の動きに振り回される。

「これからの時代は自己アピールが必要」
「日本人も自信を持って自己主張ができるようにならないといけない」

 などといった、欧米文化で推奨されている「自己アピール」や「自己主張」といった言葉に感化され、日本の文化的風土を無視したやり方で「できるアピール」をしてしまうことになる。

 従って、バカ正直に「自己アピール」や「自己主張」をするのは、能力が低い証拠ともいえる。だからこそ「できるアピール」する人には、実は仕事ができないのにそのことに気づいていない「残念な人」が多いということになってしまうのである。

 さらには、仕事では人間関係力が強く問われるが、文化的風土を理解できないため、取引先などの気分を害する言動があり得るところも、注意が必要である。