「しまね留学」で志した高齢化社会の都市計画
東大工学部 鈴木元太さん 津和野(島根)

 中1の春まで北海道釧路市や旭川市に住み、その後、父親の仕事で横浜市に引っ越し、高校受験をして、市内の進学校に進んだ。

「理科が好きだったので、高校生を対象とした北大SSP(Super Scientist Program)に応募。年に4~5回北海道内で開催されるスクーリングやウェブミーティングを通して研究に取り組みました」

 高1では5~6回、東日本大震災の被災地でのボランティアに参加した。

「ボランティアを通じて地域活性化などにも興味を持ちました。高校生のうちに地方を活性化する活動をしたいと考え、『しまね留学』することに決め、高校の寮に入りました」

 島根県では、19の県立高校が「しまね留学生」を受け入れている。鈴木さんが入学した津和野高校は1学年定員80人のうち約3分の1が県外出身者。東大の合格者が出たのは27年ぶりだ。

「地域活動をする部活『グローカルラボ』の部長になり、更地に農園を作ったり、地域イベントに参加したり……。アイデアを練って町のために活動できるのが楽しかったです」

 高2のとき、「竹で築こう」プロジェクトが、マイプロジェクトアワードしまね大会代表に選出された。

「近年は人口減少や高齢化で、放置竹林が問題になっています。竹の文化を残すために、竹を使ったワークショップやイベントなどを開き、竹の活用、啓発、整備などに取り組みました」

 北大SSPの研究は続け、高2の冬には米国の学会に参加し、東京で開催された国際北極研究シンポジウムでは、「北極圏トナカイの周遊経路変化の要因について」と題し、研究成果を発表した。

 この発表後、受験勉強を始め、無料の町営英語塾HAN-KOHと、動画授業の「スタディサプリ」を活用。町営英語塾では推薦入試の書類作成のアドバイスを受け、面接練習もした。

 東大で都市工学や建築について学び、将来は研究者になる夢を描いている。