1.ニッチな市場である
 ……レーザーの市場はニッチなので、マーケットが世界的でないと成り立ちません。

2.競合が多い
 ……日本国内では、レーザーは輸入製品が圧倒的に多い市場になっています。したがってレーザー専門の輸入商社は、競合が激しい業界。狭いマーケットの中にライバルが数多く存在します。この激戦区で生き残るのは、容易なことではありません。

3.為替相場の影響をもろに受ける
 ……日本レーザーは輸入商社なので、為替相場の影響を受けます。たった1円、円安になっただけで、2000万円の利益が吹っ飛んでしまいます。

 2012年度と2013年度の比較で、同じ製品を同じメーカーから仕入れているのに、当社全体では「4億円」のコストアップでした。

 どんなに自分たちが努力しても、円高・円安という為替変動に日々翻弄されます。

4.ある日突然、契約を一方的に打ち切られる
 ……輸入先の海外メーカーは、日本での販売が好調になったとたん、輸入代理店との契約を打ち切って、自社で日本法人を立ち上げます。
 また、20年以上も取引を続けていた会社から、ある日突然一本のメールが送られてきて、契約終了を突きつけられたこともあります。

 私が社長に就任してから、代理店契約を切られた海外メーカーは「28社」にものぼります。つい最近もフランスの上場企業に契約を打ち切られました。

5.ひとりでもビジネスを始めやすい(=腹心に裏切られやすい)
 ……レーザー業界は、海外メーカーと協力できれば、ひとりでもビジネスができます。
 社長に就任してまもない頃、当社の大切な財産である商権(輸入総代理店権)を持ち出し、独立した人がいました。
 その人物は、あろうことか、日本電子での先輩海外駐在員であり、私が最も信頼していたナンバー2の常務でした。彼の裏切りによって、日本レーザーは20%の売上を失いました。

6.先払い、あと入金
 ……日本レーザーの取引の多くは、基本的に支払いが先で、入金があとです。
 海外メーカーから装置を輸入して日本で販売する場合、納入先からの入金がなくても、仕入先に支払わなければなりません。
 帳簿上の利益は出ていても、販売代金を受け取るよりも前に支払いが発生するため、実際にキャッシュを回すことができなければ、“黒字倒産”の危険性があるのです。

 以上がこのビジネスが「修羅場ビジネス」といわれる所以です。
 果たして、こんな状況で会社は再建できるのか。
 いや、それ以前に本当に黒字になるのか
 一寸先は闇、という状況しかなかった
のです。