組織の成長なくして、会社の成長なし

 なぜ、私が組織の強化にこれほどこだわるのかといえば、「組織力」が事業の「戦略力」とともに会社の成長を推進する両輪として欠かせない、重要なものと考えているからだ。

 会社のミッション・ビジョン・中期目標を達成するために、すべての会社に戦略が必要なことは言うまでもない。しかし、どれほど素晴らしい戦略があったとしても、それを実行できる「組織力」がなければ実現できない。つまり、組織が強く成長していかなければ、会社の成長も望めないということだ。

 あなたの会社やチームでは、事業推進と組織強化にどの程度、注力しているだろうか?日本の企業では、その規模や業種にかかわらず、組織強化へ注力する度合いが低い傾向があると私は感じている。また、組織を強化することの重要性を本質的に認識していないケースがよく見られ、業績に注力するあまり、組織力強化へのアプローチがおざなりにされている感が拭えない。

 もちろん経営者やリーダーも「なんとか組織力を発揮したい」と考えてはいるのだが、対症療法的な施策が精いっぱいで、効果的に「組織力」を発揮できるところにまで至れていないのが現実だろう。

 本連載では、次回以降も自社、自チームにおける組織の課題をより正確に把握し、的確で効果的な打ち手を考えていきたい。