移民のひとりひとりの
人間像に迫るルポ

 これは「日本の移民文化・移民事情を伝える」ことを目的とした、難民支援協会のウェブマガジンで、望月さんはライター兼編集長とのこと。じっくりと聞くインタビュー形式のその文章は、目的のその言葉通りで移民のひとりひとりの人間像に迫るルポのようにも読め、とてもおもしろい。シンプルなスタンスなので、いつしかその人物が身近に感じられてくる。というよりも、会いたくさえなってくる。

 とはいえ、「移民」のことを扱っている本というと、「かわいそう」のスタンスなのではと、身構えないでもないと思う。だが、それは杞憂だ。というのも、目の前の人物の状況に寄り添う姿勢は持ちつつも、数字データや法律を分析して具体化し、社会全体を俯瞰する視点が同時にあるからだ。

 望月さんが1985年生まれだと書いたが、なにしろこの30年間で在留外国人は、なんと94万人から263万人に増えている。「外国人が身近で増えて当たり前」という日本で生まれ育った感覚と視点はとても現実的で、「移民」とどう共生していくかを模索して書いているように思える。

 もとより、この263万人という数字の現実にまず驚く人が多いと思う。よく聞くセリフだが「これから外国人労働者を入れていく」という段階ではなく、すでにこれだけの数がもう入っているのだ。一方で、在留外国人の絶対数でいうと、統計によっては世界のベスト10入りも果たしているのというのに、なぜか私たちは日本が「移民国家」だという認識を強く持っていない。確かに「移民の問題」というのは、どこか遠く、フランスやドイツなどヨーロッパでの排外主義的な話だと思っているところがないだろうか。

 それに対する答えには、意外にあっけないのだが、大いに納得した。日本の総人口は多いのだ。少子化といはいっても、1億を超す国はそう多くはない。絶対数は263万人でも人口比で考えればおよそ2%、他国に比べると低いのだ。なんどドイツは10.1%、イギリスは8.6%、アメリカは6.9%だという。となると、この国々は「体感する外国度合」とでもいうものが日本よりも相当に高いのかもしれない。ただ、そうなると、少子化で1億を下回るだろう2050年の日本では何パーセントになっているのだろうか、と想像は膨らんでいく。

 そうやって、数字で現実を教えて、日本人の「移民」に対する認識を変えるところからこの本は始まる。だから2章までを読むだけでも、大いに勉強になった。