3つの区分で
タスクを振り分ける

 そのスキルとは、スケジューリングをする時に、タスクを「その期間に自分が実施しない仕事」「相手に依頼したり、相手のアクションを待ってから自分が実施する仕事」「自分が実施する仕事」の3つの区分に振り分けることだ。私は、この区分を「Under the table」「Waiting」「Action」と称している。

 今日やらなくてもよい仕事だけど、早めにやってしまおうと思うことはよくある。明日以降が楽になるのだから、それがいけないわけではない。しかし、優先順位を付ける際には、いったん、今日やらなくてもよい仕事を外すことが、生産性向上の第一歩だ。

 今日やらなくてはならない仕事が完了して、余裕があったら、今日やらなくてもいい仕事に着手すればよいわけだ。それは、まさにテーブルの下にタスクを落として、Under the Tableの状態にして、俎上に乗せないということなのだ。

 加えて、他のメンバーとのチームワークも重要になる。他の人が実施したタスクを重複して、自分も実施してしまったり、他の人が実施してから、その結果を踏まえて自分が実施した方がよいタスクなのに、自分が先に実施してしまったりすることもある。かくして、タスクの重複や、やり直しという効率の悪いことが生じてしまうのだ。

 中には、他の人に無理なく依頼できるタスクもある。従って、「Waiting」ということが生産性を上げることに、とても役立つ。