秋の花粉症の原因として有名なブタクサ
秋の花粉症の原因として有名なブタクサ Photo:PIXTA

ようやく過ごしやすい季節になった。ただし、寒暖差が激しい秋は季節性のアレルギー鼻炎や結膜炎に悩まされる人も多い。いわゆる「秋の花粉症」だ。(医学ライター 井手ゆきえ)

秋はイネ/キク科の植物が原因
9月中旬~10月中はブタクサ

 春のスギ花粉症とならんで、市民権(?)を得た感がある「秋の花粉症」。主なアレルゲンはイネ科とキク科の植物で、地域差はあるが、キク科のブタクサの花粉は9月初旬~中旬ころから飛散が始まる。本来なら、そろそろピークが過ぎる頃なのだが、気候変動の影響でこの数年、飛散時期が長引く傾向があり、まだ油断は禁物だ。

 草本植物のブタクサは丈が低く花粉の飛散距離が短い。従って、群生している河川敷や線路沿い、空き地などに近づかないことが一番の対策になる。

 折しも、秋は寒暖差の影響で呼吸器疾患が増える季節。まさか自分が秋の花粉症と気づかないまま、誤った治療を続けている人も少なくない。水のような鼻水やくしゃみがとまらない、眼の周りがかゆい、ピリピリする、頬が赤くなるなどの典型的な症状がある場合は、かぜと決めつけずに一度はアレルギー専門医がいる病院を受診してみよう。