自己流の便秘治療で肛門麻痺になってしまった人もいる
写真はイメージです Photo:PIXTA

便秘で悩む人は多い。しかし、重度の便秘の場合、「たかが、便秘」と思って自己流で治療すると、思わぬ悲劇を招くこともある。便秘症の名医、横浜市立大・肝胆膵消化器病学教室の中島淳主任教授に取材した。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

自己流治療のやり過ぎで
肛門の感覚がなくなって

 例によって便秘症の名医、横浜市立大・肝胆膵消化器病学教室の中島淳主任教授に聞いた4回目の記事。今回は慢性便秘“からの”重篤な病気も確かに怖いが、「そもそも慢性便秘自体、相当怖い病気である」ということを中島主任教授は指摘する。

 中島教授が最初に教えてくれたのは、ある30代女性患者の症例だった。

「10代の頃から、ダイエットとリバウンドを10回以上も繰り返してきた患者さんでした。ダイエットをすると、ほぼ確実に便秘になります。もともとの便の原料が不足してしまうので、当然、便の総量が減少し、排便回数も減るわけですが、それ以上に問題なのは、大腸の動きを活発にさせる “自然の便秘薬”である胆汁酸の分泌量が減ってしまうことです。胆汁酸が不足すると、便が肛門からするっと出るのに必要な粘液の分泌も減り、ますます便秘が悪化します。

 さらにダイエットをする方の多くは、せっかく痩せたはいいけど、ひもじさに耐えきれず、ある日突然ドカ食いを始めてしまう方が多いですよね。結果ダイエット前よりもさらに太ってしまう上に、便秘は悪化の一途をたどってしまう。