七星潭
花蓮きっての絶景スポット、七星潭 ©iStock

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、台湾旅行の最新情報をお届けします。台北を何度か訪れた方の次の旅先としておすすめなのが、手つかずの大自然が多く残る、絶景の宝庫・花蓮(ホアリエン)。太魯閣溪谷(タイルウグーシーグー)や人気が出てきた台湾東部への足がかりにもなる場所で、旅行者が先住民の文化にふれられる貴重な都市でもあります! 数年前には大きな地震が発生したけれど幸い景勝地には被害は少なく、復興を後押しするためにも花蓮へ来てほしいと、現地の人々も熱望しています。台北から鉄道の本数が増え、ぐっとアクセスしやすくなった花蓮へ。今こそ行かなくちゃ!!(文/トラベル・キッチン ぬくい ゆかり 写真/iStock、上原浩作)

花蓮の場所・行き方・交通手段

花蓮
花蓮は海に面し、日本人が開いた港から発展した街

■場所(台北との位置関係)
 台北の南東に位置する花蓮は、人口約11万人、台湾東部最大の都市。

■代表的な行き方(電車とバス)・所要時間
 台北からのおもなアクセスには、(1)電車、(2)飛行機があります。価格がリーズナブルで本数も多く使いやすいアクセスは、鉄道利用。

(1) 鉄道の場合は、台鐵(台湾鉄道)「台北」站(駅)から「花蓮」站まで太魯閣號・普悠瑪號で約2時間。毎日多くの電車が出ています。また、もう少し時間のかかる自強號なら約3時間。
(2)飛行機の場合、台北の街中にある台北松山空港から立榮航空で約40分。毎日2便運航。

 ただし台北からの鉄道利用は人気が高いためチケットが取りにくく、バスを利用する人も多いのですが、花蓮までの直通バスはありません。バス利用の場合は、台北から一度羅東まで高速バスで移動し、そこからさらに鉄道に乗り換えます。葛瑪蘭客運、首都客運など複数のバス会社がバスと區間車(各駅停車)の列車がセットになったチケットを発売しているので、これを利用するとよいでしょう。なお鉄道部分は追加料金を支払えば、太魯閣號、普悠瑪號、自強號への乗車も可能となります。

 なお、花蓮の街の中心部は鉄道駅から約1.5km、空港から約5km離れているため、移動が必要です。

(1)鉄道利用の場合、「花蓮」站から街の中心部までは「花蓮」站前の花蓮客運バスターミナルから北線、南支線、機場線、七星潭線などを利用し、「東大門夜市」「中華路」などで下車。タクシー利用の場合、約15分。
(2)飛行機利用の場合、空港から「花蓮」站まで1123路バスを利用、約30分。「花蓮」站からさらに上記のバスやタクシーを利用します。