新幹線改札から出てきた捜査員ら
新幹線改札から出てきた捜査員ら(2018年06月10日撮影) Photo:JIJI

走行中の新幹線で起きた通り魔殺傷事件で、司法は「一生、刑務所に入りたい」「自分の命は惜しい(から死刑にはなりたくない)」という被告の望みを聞き入れた。昨年6月、東海道新幹線で3人を死傷させ、殺人と殺人未遂罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判。横浜地検は9日、無期懲役を求刑し、横浜地裁小田原支部は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。量刑は検察側と弁護側双方の要求通りで、このまま確定するとみられる。この判決が確定すれば、小島被告が望む「無期懲役囚」という身分と、食事など生活に必要な費用を国が生涯、保証することになる。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

「反省見られず再犯は必至」と検察側

 判決によると、小島被告は昨年6月9日午後9時45分ごろ、新横浜-小田原間を走行中の東京発新大阪行き「のぞみ265号」で、20代の女性2人をナタで襲って重傷を負わせ、止めに入った会社員、梅田耕太郎さん(当時38)=兵庫県尼崎市=の首など78カ所をナタやナイフで切り付けて殺害した。

 公判で小島被告は、犯行の動機について「子どものころから刑務所に入るのが夢だった」と陳述。

 そして「有期刑だったら出所後に必ず人を殺す」「刑務所で更生することはない」などと述べる一方、死刑の可能性について問われ「おびえている」とも明かしていた。

 検察側は論告求刑公判で「身勝手な動機による計画的で凶悪な無差別殺人。反省の態度は一切見られず、再犯は必至と考えられる」として無期懲役を求刑。