DGインキュベーション マネージング・ディレクター 上原健嗣

■2019年の振り返り

 マクロで見ると2019年の国内スタートアップ投資全体の投資金額及び投資件数は、昨年並みと想定。1社あたりの投資金額(平均・中央値ベース)が上昇している傾向についても昨年から変わらない印象。投資件数としてはバーティカルSaaSが多かったと思うが、大きく調達を実施したのはDeep Techやバイオ関連であった。IPOに関してはSansanの大型上場やfreee、メドレー上場など、話題性も大きかった。

■2020年のトレンド予測

 日本国内に関してはメディカルテックやバイオなどのDeep Tech関連の投資件数などが多くなると想定しており、注目している。一方ここ1〜2年多かったバーティカルSaaSなどは一段落するのではないかと予想している。

 スマートニュースなど、大きなユーザーベースを持つようなインターネットコンシューマーサービスは中々生まれにくい傾向は変わらないが、スニーカーやトレーディングカードなど、個人の趣味・嗜好性の高い商材を扱うようなバーティカルコマースやコミュニティのようなサービスが、生まれそうな予感がしている。また、IPOの件数は2019年と同数か、それよりも少なくなると見ている。

 東南アジアに関してはB2Bマーケットプレイス、Fintech・ペイメント関連は引き続き注目しているが、それに加えて中間層の教育熱の盛り上がりから、Ed Tech関連などを注目している。また、インドに関してはAIヘルスケアやメディカルテック、グローバル展開できそうなSaaSなどに注目しており、今後この地域からユニコーンの数が飛躍的に増加するのではないかと予想している。

KLab社外取締役/投資家 松本浩介

■2019年の振り返り

 基本的にイグジットをIPOとして想定しており、今期新規上場した企業とその後の株価を見ながら、スタートアップの今後のIPOの傾向を分析すると、今期はBtoCの事業モデルとサブスクリプションのサービスが一定の評価を得た1年のように思います。

 ただし、成長性をはかる市場規模や競合排他力(テクノロジーや市場占有率、営業力)によって、その後の評価は厳しく選別される現実も顕著になってきています。

■2020年のトレンド予測

 予測というより、引き続き注目している市場として、労働生産性の向上と労働力の供給を支援できるプロダクト・サービスには、積極的に参加していきたいと考えています。理由は、今までに体験したことのない労働生産人口の減少に見舞われる日本において、必要不可欠で生活のインフラの一部だったものやサービスを、テクノロジーによって可視化、効率化、適正化するプロダクト・サービスは渇望され、スタートアップが参入しても急速に成長できるチャンスがあると考えるからです。

 また国家を挙げて、労働生産人口の不足を補える施策、サービスをどのように展開しても、さらなる人材不足は続くと考えており、既存の働く人々の労働生産性を底上げするプロダクト・サービスはどれだけあっても不足はないと考えます。

 具体的には、HR Techやヘルステック領域、教育系サービスは注目しています。ただしこの市場には、大手企業や他の企業も参入してくることが容易に想定されます。そのため、テクノロジーによってどれだけユーザー利便性を高め、かつ、競合優位性を高めることができるかが、より問われるようになります。

 この領域でのサービスで一定の市場を確保し、成長性を維持できれば、IPOは当然のことながら、アジア地域への進出が十分に期待できると考えます。アジアの諸国は、日本と同様に数年〜数十年後には、労働生産人口が急激に不足する事態が容易に想定されるからです。

セールスフォース・ドットコム/Salesforce Ventures 常務執行役員/日本代表 浅田慎二

■2019年の振り返り

 毎年「SaaSが盛り上がる」と繰り返して言ってきたが、現実のものとなった気がしている。実際に2019年は超大型SaaS調達が連日報道され、2018年の545億円を上回る過去最大のSaaS資金調達Yearになると確信している。「HRMOS」、「Yappli」、「Teachme Biz」、「ANDPAD」が大きく伸びた。SaaSの調達額はまだ全体調達総額の14%しか占めておらず、米国の40%と比して伸び代がまだまだ大きい。

■2020年のトレンド予測

 2020年はオリンピックイヤーということで、海外からも多くの方々が来日され、日本のテックシーンの進化に驚くだろう。国内SaaSは米国の5年遅れで、今後も伸びるのは、セールスマーケ系を筆頭に、日本独自の商習慣や制度をSaaSifyするものと見ている。個人的にはリーガルテック、医療テック、ボイス&コミュニケーションテックに注目している。事業計画という、実はエクセルとメールでやりとりする領域がまだSaaSifyされておらず、この領域にはVCとしても大変注目している。

>>後編を読む