早慶生が選ぶ企業
早慶生に注目されている企業はどこ? Photo:PIXTA

「私学の雄」とも呼ばれる早稲田大学と慶応義塾大学。三菱商事や三井物産、住友商事など、財閥企業への就職人数ランキングでもトップ2を占めるなど、ともに就職市場で人気を誇っています。

 では、そんな二校の学生が就職にあたって注目する企業はどこなのでしょうか?

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、すでに10万人以上の登録がある2021年卒の学生ユーザーがOpenWorkでどんな企業に注目し、企業研究を行っているのかを調査。これまでも発表されてきた人気企業ランキングではわからない、学生が社員クチコミを「実際に調べている」企業を明らかにしました。

 今回はその中から、早稲田大学と慶応義塾大学の学生が注目している企業のランキングを紹介します。

※OpenWorkを利用する2021年卒の学生ユーザー10万7237人(2020年2月6日時点)に限定し、検索された数の多い企業を集計。今回はその中から、早稲田大学の学生5239人、慶応義塾大学の学生4311人に検索された数の多い企業をランキングにしている。

1位アクセンチュア、2位三菱商事
早慶生が選ぶ就職注目企業ランキング

「早慶生が選ぶ、就職注目企業ランキング」1位に選ばれたのは、アクセンチュアです。2位は三菱商事、3位には野村総合研究所がランクインしました。

 野村総合研究所は、「東大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」で1位、「京大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」でも2位だったことから、トップ大学の学生から最も注目される企業といっていいでしょう。