――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト ***  温水洗浄便座の直販メーカー、米トゥッシーのジェーソン・オジャルボ最高経営責任者(CEO)はもう米国のお尻は「待ったなし」だと理解している。店頭からトイレットペーパーが消え、買い物客がパニックに陥った2020年の危機を受け、同社のオンライン商品に対する需要は急増。これを目の当たりにした同CEOは確実に供給し続けるための抜本的対策を講じることに決めた。  洗浄便座商品を中国から直接、空輸で出荷することにしたのだ。