普段は引きこもり状態にある女性でも、家庭で何らかの家事手伝いをしていれば、見過ごされてしまう(写真はイメージです) Photo:PIXTA

引きこもりや生きづらさに悩む
女性を対象にした全国初の調査

 普段は引きこもり状態にあっても、家庭で何らかの家事手伝いをしていれば、調査で「家事手伝い」を選択するから、そうした人々の存在が見えなくなる。

 2020年3月、そんな注目すべき「ジェンダー問題調査・研究支援事業報告書」(写真)をまとめたのは、北九州市立男女共同参画センター「ムーブ」。引きこもりや生きづらさに悩む女性の視点での行政による調査は、全国で初めてといえる(民間では、当事者団体の「ひきこもりUX会議」が2017年に同様の実態調査を行っている)。

「なぜ、支援につながる女性は少ないのか?そもそも、引きこもっている女性は少ないのか?そんな疑問から調査を始めた」と振り返るのは、「ムーブ」で引きこもり状態や生きづらさに悩む女性の支援を行う「北九女子一歩会」の西本祥子さん。

「実際にアンケート調査票で、主婦や家事手伝いにマルを付けた引きこもり当事者に聞くと、“家でやってるから”と答えるんです。これでは、従来の調査では抜け落ちると思いました」

ジェンダー問題調査・研究支援事業報告書

 調査は、19年6月20日から7月31日にかけて、北九州市内や周辺市町村に在住する「ひきこもり・生きづらさに悩む女性」とその家族を対象に、支援期間や家族会を通じてアンケート調査票を配布。本人39人、家族24人から回収した。

 アンケートに回答した本人39人のうち、「現在ひきこもり状態にある」は12人。そのうち6人は「ひきこもり期間」が7年を超えていた。また、過去に「ひきこもり状態」にあった人は、23人で、うち6人が「ひきこもり期間」7年以上。残り4人は、「生きづらさを抱える」人だった。

 また年齢は、20代が最も多い14人。10~30代で87%を占めたのは、若者の相談窓口を中心に声がけが行われたからと考えられる。

 調査結果を見てみると、「現在ひきこもり状態」の本人に「現在の状態になったきっかけは何ですか」という質問を行い、複数回答してもらったところ、もっとも多かったのが「人間関係がうまくいかなかった」で83%。次に「コミュニケーション不安」が67%、「不登校」「いじめ」「人に会うのがこわくなった」が58%で並んだ。