在宅勤務の長期化で部下が悩む3つの問題、上司は何ができるか
在宅勤務の長期化で上司は部下たちの課題にどう向き合うべきか Photo:PIXTA

 コロナ禍で急に在宅勤務に切り替えた企業も多い。緊急事態宣言は5月25日に解除されたが、感染リスクを考え、しばらくの間テレワークが続く職場もあるだろう。

 すでに在宅勤務の状況が長引いていることから、職場ではさまざまな課題が生まれている。中でも難しいのが「部下のマネジメント」である。テレワークでは部下の動きがつかめないため、問題が表面化しにくい。

 こんな状況ではあるが、部下層の人々に話を聞くと、業種・業態が違っても、長引くテレワーク環境下の悩みは驚くほど似ていることがわかる。

 中でもよく聞くのが、

(1)ついオーバーワークになってしまう
(2)仕事を進めるためのコミュニケーションがとりにくい
(3)先が見えない状況が続き、今後に向けた不安が増している

 の3つだ。

 私は22年間、マネジメント研修の講師として4万人以上のビジネスパーソンと接してきた。テレワーク環境で働く、上司、部下の悩みを聞き、アドバイスもしてきている。そんな経験を生かし、これらの課題に答えを出していきたい。