コロナ時代の保険商品ランキング#5
Photo:mykeyruna/gettyimages

持病があったり、過去に大病を患ったりした人などの強い味方が引受基準緩和型医療保険だ。特集『コロナ時代の保険商品ランキング』(全13回)の#5では、「引受基準緩和型」医療保険ランキングをお届けする。各社がしのぎを削り、今では通常の医療保険と比べて遜色ない保障内容にまで超絶進化。1位となった商品がまさにそうした商品だ。

「週刊ダイヤモンド」2020年7月4日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの。

「引受基準緩和型」医療保険ランキング
保険のプロ25人が選んだのは?

 持病がある人や過去に大病を患った人は、通常の医療保険への加入を断られることがある。だが、健康が不安な人ほど医療保険をより必要に感じるもの。そうしたニーズに応えるのが引受基準緩和型医療保険だ。

 各保険会社が定める告知項目に該当しなければ加入することができるため、別名で限定告知型医療保険とも呼ばれる。

 むろん保険会社にとっては高リスクであるため、保険料は通常の医療保険よりも割高で、かつ保障される範囲は制限されるのが一般的だ。だが、近年は競争が激化したことで、通常の医療保険と遜色ない保障内容の商品が登場し始めている。保険のプロのお薦めも、そうした商品が上位を独占した。