シュノンソー城
ディアヌの庭園から見たシュノンソー城

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、シェール川に立つ白亜の城「シュノンソー城」の歩き方を紹介します。シュノンソー城は、ロワール川の支流シェール川に浮かぶように立つ白亜の城です。ロワールには優美な姿の古城が数多く点在していますが、その中でも常に人気の訪問先となっているのがこのシュノンソー城です。なぜ美しいのか? それには理由がありました。(地球の歩き方 パリWeb特派員 加藤 亨延)

【はじめに】
 2020年6月8日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。
 世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

シュノンソー城について

シュノンソー城
敷地入口から真っ直ぐに歩くと城館の正面に

 シュノンソー城があるロワール地方は「フランスの庭」と呼ばれています。フランス最長の川であるロワール川が大西洋まで流れ、広大な平野に森や川、丘などが広がる風光明媚な場所です。シュノンソー城は、そのロワール川南方の支流、シェール川沿いに建っています。城が建てられた16世紀から19世紀に至るまで、城主が代々女性だったことから「6人の女の城」とも呼ばれています。

 シュノンソー城が多くの人々を惹きつける理由は白亜の建物に青の屋根をかぶり、シェール川をまたいで建つその優美な姿にあります。城館の前にはいくつかの美しい庭園が広がります。シュノンソー城は「シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として登録された世界遺産に含まれています。