緊急事態宣言
Photo:PIXTA

新規感染者数が過去最高
政府が打つべき手はないのか

 首都圏をはじめ大阪、愛知、福岡など多くの自治体で新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最高を更新している。

 全国一斉の緊急事態宣言が出された4~5月と比べて、重症化している人数は抑えられていて、現在が「緊急事態」だといえるかどうかは判断しかねるが、感染経路が不明という人の割合も高くなっていて、このままでは経路の見えない感染者数が積み上がっていき、再び緊急事態宣言に追い込まれる可能性も否定できない。

 政府内では、緊急事態宣言を再発出すれば、感染抑制や一方で経済への打撃がどうなるのかを内々にシミュレーションしていると推察する。

 もしも、そうであれば、具体的に検討した結果を公表し、それなりの説明責任を果たすことが重要だ。