自民党,新執行部
自民党の新執行部。左から広報本部長の丸川珠代、幹事長代行の野田聖子、組織運動本部長の小野寺五典、国対委員長の森山〓(もりやま・ひろし、〓はしめすへんに谷)、選対委員長の山口泰明、総務会長の佐藤勉、総裁の菅義偉、幹事長の二階俊博、政調会長の下村博文、参院会長の関口昌一、参院幹事長の世耕弘成 Photo:JIJI

 前首相の安倍晋三(65)が退陣を表明してからわずか半月余。安倍を支え続けてきた大番頭の前官房長官、菅義偉(71)が一気に権力の階段を駆け上がった。9月16日午後に召集された第202臨時国会で菅は第99代の内閣総理大臣に選出された。長い自民党の歴史の中でも初めての「無派閥首相」の誕生だ。

 そのサクセスストーリーのシナリオライターは自民党幹事長の二階俊博(81)。さらに二階にとって“助さん、角さん”の役割を担う国対委員長の森山〓(もりやま・ひろし、〓はしめすへんに谷)(75)、幹事長代理の林幹雄(73)が菅との連絡役を果たした。発足した菅新政権でもこの3人は全て再任された。つまり菅を頂点にした“カルテット体制”が今後も政権を維持する中枢を形成することになる。

 菅も二階の続投については別格の対応を示した。菅は14日の総裁選2日前にいち早く要請した。