歯磨き時に
歯茎から出血する

 これは歯周病の典型的な症状。歯周病は「サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)」とも呼ばれるほど、重症化するまで目立った症状が出ないものだが、注意していれば初期や中期にもそれとわかるサインがある。

 これらのサインを見逃すと、歯周病はどんどん進行して、痛みとともに歯茎などから膿が出る、歯がグラグラする、といった大きな症状が出る。この段階は歯周組織の奥深くまで炎症が進んで、歯槽骨や歯根膜などが溶かされている状態だ。

 口腔内のトラブルは、全身の健康にさまざまな影響を及ぼすことがわかっており、歯周病も進行すると、血中に侵入した菌が全身に運ばれ、動脈硬化や心血管障害、糖尿病発症の原因の一つになるといわれている。

 歯や口に異常を感じたときは、「少しくらい」と軽視したり放置せず、早めに歯科を受診することをすすめたい。

●Information

詳細は、『ダイヤモンドMOOK 頼れる歯医者さん』をご覧ください

歯と口の健康を本気で考える人に
『ダイヤモンドMOOK 頼れる歯医者さん Select2013』
好評発売中です!

詳しくはこちら