「賢いトップ」が組織をダメにしてしまうのはなぜか
賢い人が組織のトップに立つ上での課題とは? Photo:PIXTA

 トップは、どの程度の知性を持った人物であるべきか。社会の一般顧客を相手にしている以上、あまり「大衆」と感覚に乖離があると、社会の動向を見誤るおそれがあるから、あまり聡明すぎない人のほうがよいのではないか。いやいや、トップは超越的な能力を持っていなければ、とても人と組織をまとめることなどできない……。いろんな意見があるが、実際のところはどうなのだろうか。

企業で見られる
「賢い人」の3タイプ

 まず、「賢い人」をいくつかのタイプに分けて考えてみよう。「賢さ」のあり方は実際には多様性があるものだが、ここでは企業組織に見られる代表的な賢いトップのタイプを3つに限定して考えることにする。

1.「能吏タイプ」:きわめて優秀な官僚のようなタイプ
2.「革新タイプ」:イノベーター、型破りなタイプ
3.「紐帯タイプ」:人望があり、優秀な人をうまく使って組織の結束を固めるタイプ

1. 能吏タイプ

 こんがらがったものを魔法のようにさっと整理できる。複雑な状況を一定の基準をもとに瞬時に整理し、あり得る選択肢を複数提示し、適切な評価基準を用いて得られる成果の大きそうなもの、期待値の高いものを選択し、その遂行に向けての体制を作る能力が高い。

 一般的な「賢い人」の代名詞のようなタイプといえる。分析力と統合力の両方を兼ね備えた秀才である。「一流大学」を卒業し、「一流企業」に就職し、出世コースに乗ったという程度では、到底このレベルに達することはできない。修羅場を経験し、場数を踏み、同時に知的な研鑽を重ねてはじめて得られる知性である。最初はトップのブレーンとして活躍し、そこでの活躍が認められてトップに引き立てられることがある。