銀行再編の黒幕#15
Photo:kyodonews

九州北部で勢力を拡大するふくおかフィナンシャルグループ(FG)、南部を地盤とする九州FG、そして九州第2位の西日本フィナンシャルホールディングス。九州の地域覇権を巡る三つどもえの勢力争いが始まっている。特集『銀行再編の黒幕』(全16回)の#15は、激動する九州地銀「三国時代」の今に迫る。(ダイヤモンド編集部 重石岳史)

ふくおかFG、九州FG、西日本FHD
地域覇権巡り三つどもえの勢力争い

「九州はやがて“三国時代”に突入する」――。福岡県内の地方銀行関係者がそう予見するのは、九州地銀の近未来勢力図についてである。

 戦国大名の大友、竜造寺、島津の3家が激しい勢力争いを繰り広げた九州において、令和の時代に再び三国時代の幕が開けるというのだ。