「ワールド マーケティング サミット オンライン」で講演するフィリップ・コトラー教授。11月15日からは1カ月限定ですべての講演を視聴できるアーカイブ配信も。詳しくは https://e-wms.jp/
「ワールド マーケティング サミット オンライン」で講演するフィリップ・コトラー教授。11月15日からは1カ月限定ですべての講演を視聴できるアーカイブ配信も。詳しくは https://e-wms.jp/

 11月6日から3日間、オンラインで「ワールド マーケティング サミット オンライン」が開催された。注目は、“現代マーケティングの父”であり、『コトラーのマーケティング4.0』などの著書で知られるフィリップ・コトラー教授による講演だ。コロナ危機によってマーケティング理論に修正が必要になるのか。講演ではコロナ禍による社会や消費者心理の変化から、今後、企業が目指していくべき方向性についてまで語られた。

*  *  *

「ワールド マーケティング サミット」とは

「ワールド マーケティング サミット(WMS)」とは、世界のマーケティング・リーダーたちによる合同講演会だ。母体はフィリップ・コトラー教授によって、2010年に設立された。2014年から2016年までは日本で開催されたが、次第に世界の主要都市に広がり、2019年には東京を含む全世界15都市で実施されている。「マーケティングを通してこれからのより良い世界を創造する」というビジョンを共有し、マーケティングのアイデアやツールを探究するだけでなく、社会経済問題についてのソリューションを見出そうとする活動である。

 2020年はコロナ禍により、オンラインで世界の有識者とマーケターが集う「ワールド マーケティング サミット オンライン(eWMS)」と形を変え、11月6日から3日間にわたって開催された。世界104カ国に配信され、視聴者は100万人以上にもなるという。