2020年もあとわずか。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから「Google最高位パートナー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初めて公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

誰も教えてくれなかった!<br />似て非なる Google とMicrosoftの<br />出自の違いPhoto: Adobe Stock

★質問
 Google とMicrosoftって結局なにがどう違うの?

 最近、MicrosoftのWordやExcelでも同時編集ができるようになってきています。

 Google とMicrosoftって何が違うんですか?

 Google でなきゃ、できないことって何かあるんですか?

☆回答
 Google はクラウドネイティブ。「ITの段差」のない環境で、圧倒的に使いやすい。

 Google は「クラウドネイティブ」、つまり「クラウド」がすべての源なのです。

 Google が開発当初から志向してきたクラウド。さまざまな定義がありますが、私は「個々のデバイスではなく、クラウド上にすべてのデータやシステムを保存・共有し、ネット経由で利用するスタイル」と説明しています。この「クラウド」100%が、Googleです。

 一方、Microsoft社はどうでしょうか。

 Microsoft社も、1つのアカウントでパソコンやタブレット端末、スマホにもインストールできるようになっています。いまやOfficeは、WindowsだけでなくMacやタブレットなどでも使うことができます。ブラウザ版であれば、Google Chromebook でも使えます。

 ただし、アプリを端末ごとにインストールして使うタイプの「クラウド」で、更新などの手間があります。また、Officeのアプリ群は「連携」前提で開発されていません。WordはWordで使う。ExcelはExcelで使う、が常識でした。

 そして、端末ごとにインストールが必要なことからもわかるように、データやソフトウェアは「端末に保存」という考え方です。つまり、クラウドが前提ではなく「クラウド」100%とはいえません。

 これに対して、 Google は、どの端末からアクセスしても最新情報が100%同期され、データは使用する端末によらず常に共有されています。これが「クラウド100%」です。クラウド上でのデータ保存が前提だからこそできる仕組みです。

 また、「あるアプリから他のアプリにワンクリックで自動連携が可能」な点も特徴です。

 1998年の創業以来、約20年間で約18兆円企業へと成長した Google。

 その劇的成長を支えてきたグーグラーたちが、日々使いながら、現在も進化させ続けているのが Google のアプリ群です。

 しかもリアルタイムで安全な情報共有を支える「クラウド」100%のツール。私たちは無料でその恩恵にあずかれるのです。

 リモートワーク全盛の今、これを使わない手はありません。

 実は「クラウド」という言葉が世界中で普及し始めたのは Google のエリック・シュミット元 CEO の「検索エンジン戦略会議」での発言がきっかけだといわれています。

 手元のパソコンやタブレットにソフトをインストール・更新・データ保存する必要がなく、クラウド上の安全なサーバで一元管理されているからこそ、全データが連携・再利用でき、劇的に効率がアップするのです。

 Google の100%クラウドを一度体験してしまうと元には戻れません。

 Google は、少なくともエリック・シュミット氏が「クラウド」と発言した2006年から一貫してクラウドによる解決策を模索し、進化し続けてきました。だから、「100%のクラウドネイティブ」といえるのです。

 Google のテクノロジーは増築に増築を重ねた建造物ではなく、最初から一つの目的に向かってデザインされた一貫性のある建造物なのです。

 使っているけど使いこなせてない、知っていれば得ではなく、知らないと大きな損!

 そんな Google ツール で10Xする方法に興味があれば、ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?