コロナ禍,やる気
コロナ時代に社員のやる気と一体感を高められた企業とは? Photo:PIXTA

就活生が業界研究をする際に最も気になるのが、実際に企業で働いている社員の「本音」。特に今、志望度を左右する大きな要素が、コロナ禍での企業の対応だろう。現在では就活生の2人に1人が利用しているという社員クチコミサイト「OpenWork(オープンワーク)」の協力を得て独自に作成した「コロナ時代に社員のモチベーションを上げた企業ランキング」と「コロナ時代に社員の一体感が高まった企業ランキング」を紹介する。(ダイヤモンド・セレクト「息子・娘を入れたい会社2021」編集部)

*本稿は、現在発売中の紙媒体(雑誌)『息子・娘を入れたい会社2020』の「社員のクチコミで評価!働いて満足度の高い企業ランキング」を転載したものです。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、在宅勤務をする企業が劇的に増加したり、安定的な事業の継続が難しくなるなど危機的な状況に陥る企業もある中で、社員のモチベーションを保ち、社員の一体感を高めることが難しくなっている。しかしコロナ時代においても、社員のモチベーションを上げたり、一体感を高められたりした企業もある。

 雑誌『息子・娘を入れたい会社2020』では、日本最大級の社員クチコミサイトOpenWorkを展開するオープンワークに協力を依頼。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で評価を上げた企業、総合評価の高い企業、ホワイト度の高い企業や官公庁など、独自の視点でランキングを作成した。

 今回はその中から、「コロナ時代に社員のモチベーションを上げた&一体感が高まった企業ランキング」をそれぞれ紹介していこう。

(※1)コロナ時代に社員のモチベーションを上げた企業ランキング
集計期間は2019年1月1日~12月31日(19年スコア)と、20年2月1日~8月31日(20年スコア、いずれも現職者の回答日)。19年スコア・20年スコアともに集計期間の回答者が10名以上かつ、19年の総合評価点が3.00点以上の企業を対象にした。19年から20年の「待遇面の満足度」+「社員の士気」の評価スコア(平均)の上昇幅でランキングを作成。 ※ランキングの名称は編集部の定義によるもの

(※2)コロナ時代に社員の一体感が高まった企業ランキング
集計期間は2019年1月1日~12月31日(19年スコア)と、20年2月1日~8月31日(20年スコア、いずれも現職者の回答日)。19年スコア・20年スコアともに集計期間の回答者が10名以上かつ、19年の総合評価点が3.00点以上の企業を対象にした。19年から20年の「風通しの良さ」+「社員の相互尊重」の評価スコア(平均)の上昇幅でランキングを作成。 ※ランキングの名称は編集部の定義によるもの

コロナ時代に
社員のやる気を高めた企業

 まず「コロナ時代に社員のモチベーションを上げた企業ランキング」を見ていこう。1位に選ばれたのは、高級化粧品メーカーのアルビオンだ。2位はクラブツーリズム、3位は野村不動産となった。