「英語が通じる、通じない」は“口の形”で決まる!
学校では単語や文法の勉強がメインで、発音を詳しく習いません。そもそも、アルファベットの発音をしっかり習いましたか? アルファベットも、小さな発音の連なりでできています。アルファベットが正しく発音できなければ、単語も正しく発音できません。人間の脳には「発音できない音は聞き取れない」という特性があります。発音ができなければ、文法や単語もどれだけ覚えても、英語でコミュニケーションはとれません。
本連載は、正しい英語発音を最短最速で身につけるノウハウを伝えるものです。著者は、国際ヴォイストレーナーの山下まさよ氏。ビジネスマン、英語講師、客室乗務員の発音を指導し続け、その実績は1万人を超えます。初の単著『英語の声トレ 国際ヴォイストレーナーが教える「やさしい英語発音」』を出版し(2月10日刊行)、「アルファベットの発音の仕方」から「ネイティブに近づく発声テクニック」まで、英語発音のすべてをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

アルファベットを正しく発音できますか?

 アルファベットの「O」を発音してみてください。「お~」になっていませんか。これでは通じません。

 Oの発音ポイントを見ていきましょう。発音記号は[óu]です。意外にもOは2つの口形を使って発音します。

 口の開き具合を変化させることによって、音の輪郭も大きく変化します。2音とも母音で構成されているので、「二重母音」と呼ばれています。

(1)最初の[o]の口形は、唇をリラックスさせ、指1本分の口を開けます。下記イラストのような口の形をイメージしてください。

 そして低めの声で「おッ」と発音します。唇は突き出す必要はありません。ポカーンと口を開けて、どこにも力が入らないリラックス状態です。

(2)[u]の口形は、唇は口笛を吹くように、つまようじ1本分の隙間を作ります。下記イラストのような口の形をイメージしてください。

 口形をキープしたまま、「う」に濁点がつく感じで「う゛ー」と発音します。口が狭い状態ですので、息が唇に当たって、唇がくすぐったくなるくらいに振動すればOKです。

(1)を長めに発音しながら、ひと息で(2)に移行し、発音しましょう。どうでしょう。日本語の「お~」とは違うことに気づくはずです。