「英語が通じる、通じない」は”口の形”で決まる!
学校では単語や文法の勉強がメインで、発音を詳しく習いません。そもそも、アルファベットの発音をしっかり習いましたか? アルファベットも、小さな発音の連なりでできています。アルファベットが正しく発音できなければ、単語も正しく発音できません。人間の脳には「発音できない音は聞き取れない」という特性があります。発音ができなければ、文法や単語もどれだけ覚えても、英語でコミュニケーションはとれません。
本連載は、正しい英語発音を最短最速で身につけるノウハウを伝えるものです。著者は、国際ヴォイストレーナーの山下まさよ氏。ビジネスマン、英語講師、客室乗務員の発音を指導し続け、その実績は1万人を超えます。初の単著『英語の声トレ 国際ヴォイストレーナーが教える「やさしい英語発音」』を出版し(2月10日刊行)、「アルファベットの発音の仕方」から「ネイティブに近づく発声テクニック」まで、英語発音のすべてをあますところなく伝えています。
(イラスト:ササキサキコ)

英語発音に効く3つの声トレ

 英語発音は、日本語発音とはまったく違う口形と舌の動きを必要とします。息の流れや声圧も強くなりますので、その準備に効く3つのトレーニングを紹介します。

(1)「飴のせトレーニング」
 舌の上に飴を置いてみましょう。舌に余計な力が入っていると、舌が盛り上がって、舌の上にのっている飴が転がります。

 ポカーンと口をリラックスして開けた状態で、飴が転がらない状態になるようにしましょう。舌先は下の前歯裏につけて、舌の真ん中がくぼみ、スプーン状になります。下記イラストのイメージです。

 読書やテレビを見ながらでもOKです。隙間時間に練習してみてください。スプーン舌ができるようになると、深みを増した英語の音が作れるようになります。

(2)息の瞬発力をアップする練習
 口の前に手を置いて、「パッ!」と、息を強く一瞬で当てる練習をしましょう。1秒間に1回のテンポで、1分間練習しましょう。時計の秒針に合わせて、「パッ」「パッ」「パッ」と息だけを吐いていきましょう。下記イラストのイメージです。

 1分間で60回も息を強く吐く練習ができます。一瞬で息を吐けるようになると、発音のアクセントもハッキリとつけられるようになります。

(3)舌を瞬時に力強く動かす練習(舌打ち練習)
 強い舌打ち練習をしましょう。1秒間に1回のテンポで1分間、舌打ちを続けます。舌打ちが上手くできない方は、「チッ」「チッ」「チッ」と一瞬で声を出していきましょう。下記イラストのイメージです。

 舌を力強く動かせるようになると、舌の動きも早くなり、破裂音をハッキリと伝えられるようになります。