2020年における家計の「過剰貯蓄」

2020年における家計の「過剰貯蓄」
過去のトレンドを上回って積み上がった貯蓄額。内閣府の統計を基に筆者試算

 追加経済対策の議論が始まりそうだ。多くの地域ではコロナ感染が再拡大し、飲食店の時短営業や不要不急の外出自粛などが長期化している。欧州で猛威を振るう変異株は日本国内でも広がってきた。

 経済対策の規模に関して参考にされることの多いGDPギャップは、2021年1~3月期に年換算で▲28兆円程度と見込まれる。大幅な需要不足の主因は個人消費の低迷だ。1人10万円の特別定額給付金の再支給など、大規模な給付を求める声も聞かれる。