最強の投資術#2
Photo:SOPA Images/gettyimages

ここ数年の日本株の上昇をけん引してきたグロース株には、すでに割高な水準まで買われている銘柄も多い。一方、中小型のバリュー株には、株価が割安水準に放置され、出遅れ感が強い銘柄が目立つ。特集『決算直前 米国&日本 最強の投資術』(全13回)の#2では、過去7年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞したファンドマネジャーである苦瓜達郎氏に、中小型バリュー株投資の極意を聞いた。(ダイヤモンド編集部 篭島裕亮)

株式市場は「間違いだらけ」
バリュー投資の本質は耐えること

――中小型バリュー株(割安株)のファンドマネジャーとして、2012年から18年にかけて7年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞されました。

 ちょっと前の話ですね。

――ここ数年は成長株(グロース株)が脚光を浴び、中小型のバリュー株は苦戦しています。

 そういうときもあるという感じですよね。10年間運用をしていたら、3年ぐらいはそういった期間を覚悟しないといけない。

――デジタル時代の本格化で、勝ち組がさらに強くなりやすくなり、「グロース株の時代」が到来したと言う専門家もいます。

 構造変化と循環論というのは昔からさまざまな議論がありますが、多くは循環論に軍配が上がっています。そこは気にしていません。

――グロース相場が続いていたとき、保有株をグロース寄りにするなど、投資方針を調整しなかったのでしょうか。

 一切してないですね。基本的には、今の状況は正しくないと思っています。累積では随分と銘柄間でPBR(株価純資産倍率)格差がついて、グロース株の株価にはプレミアムが大きく乗っています。

 以前から株式市場は「間違いだらけ」と考えていますが、一方で、今までも行き過ぎた相場は修正されてきました。この3年間は本当に苦しかったですが、今回も長い目で見ると、多分そうなると思っています。

――小型バリュー株は、苦しい時期が過ぎ去るという認識でいいでしょうか。