Photo:PIXTA

増税や社会保険料の負担増によって手取り年収は下がり続けているが、実は年金の手取り額も同じ構図にあることは年収ほど知られていない。筆者が試算したところ、年金収入が額面300万円のケースにおいて、22年間で37万円も減少しているという衝撃の結果が出た。(生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵)

年金収入300万円の手取り額は
22年間で37万円の減少!

 毎年1月に「今年の給与の手取り年収」を年収・家族構成別に試算し、当コラムで制度の改正ポイントと併せて紹介している。2002年から20年続けている私の年中行事だ。

 21年1月に試算した最新記事あなたの「手取り年収」、2021年はこうなる!【72パターン早見試算表付き】では、増税も社会保険料アップもなく、珍しく前年から手取り年収は変わらないという試算結果になった。しかし、増税・社会保険料アップは断続的に実施されているため、給与の手取り年収は下がり続けている。

 下がり続けているのは給与の手取り年収だけではない。年金の手取り額も同様に減少し続けていることをご存じだろうか。私が定点観測しているのは「年金収入300万円」のケース。公的年金収入+企業年金、または公的年金を繰り下げることで年金額が増えて300万円という前提だ。「300万円」を基準としているのには理由があるのだが、それについては後述する。

 年金生活をする人が加入する社会保険は、住んでいる自治体の国民健康保険と介護保険で、4月に入って21年度の保険料が公表されたので、1999年と21年の手取り年金額を比較してみた(東京都23区在住の例)。