世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、ついに10万部を突破した。「ビジネス書大賞2020特別賞(ビジネス教養部門)」を受賞し、大手書店でも「GWに読んでおきたいビジネス書」として大きく展開されている。
BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。
なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
◎宮部みゆき氏(小説家)が「本書を読まなくても単位を落とすことはありませんが、よりよく生きるために必要な大切なものを落とす可能性はあります
◎池谷裕二氏(脳研究者・東京大学教授)が「初心者でも知の大都市で路頭に迷わないよう、周到にデザインされ、読者を思索の快楽へと誘う。世界でも選ばれた人にしか書けない稀有な本
◎なかにし礼氏(直木賞作家・作詞家)が「読み終わったら、西洋と東洋の哲学と宗教の大河を怒濤とともに下ったような快い疲労感が残る。世界に初めて登場した名著である
◎大手書店員が「百年残る王道の一冊」と評した『哲学と宗教全史』。本連載も累計215万PV(ページビュー)を突破した。
今回はGW特別企画として、立命館アジア太平洋大学(APU)創立20周年記念「歴史とは何か?」と題した出口学長の講演をお届けしよう。――(こちらは2019年11月29日付け記事を再掲載したものです)

Photo: Adobe Stock

「世界商品」という視点

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

前回、鎖国の理由を紹介しました。

ただ、これだけでは不十分で、徳川幕府が国を閉ざそうと思っても、外国の人は容赦なくやってくるわけです。

では、なぜ鎖国が完成したかといえば、「世界商品」という視点がカギをにぎっています。

世界商品とは「世界中で売れる商品」のこと。

世界中の誰もが買いたがる商品のことです。

現代でいえば「石油」です。

昔は、「お茶」や「絹」、そして当時の世界通貨「銀」がそうでした。

日本を代表する銀山である石見(いわみ)銀山をはじめとして、日本産の銀はピーク時には世界の銀産出量の3分の1程度を占めていましたから、まさに日本は「ジパングは黄金の国」だったのです。

銀がたくさん売れると儲かるから、みんなどんどん掘り続ける。

すると、あっというまに銀が枯渇してしまい、鎖国の時期(1639‐1854)にちょうど金も銀も枯渇してしまうわけです。

そこで、世界の人たちがどう考えたかといえば、こうです。

「日本に行っても、買うものもうあらへんなあ。じゃあ、鎖国したんやったら放っておいたろか」

日本史も常に世界との関係で見ていくことが大切なのです。