「糖質を減らして肉類を多く食べる」は弊害も

 穀類だと、玄米のおかゆや全粒粉のパスタがGI値49以下の低GI食品、玄米や胚芽米のご飯、普通のパスタ、クロワッサンがGI値79~50の中GI食品、食パン、うどん、精白米のご飯などはGI値80以上の高GI食品になります。

 野菜だとタマネギ、トマト、キャベツ、小松菜、ホウレンソウ、モヤシ、キュウリなどが低GI食品、カボチャ、トウモロコシ、サトイモ、サツマイモなどが中GI食品、ジャガイモ、ニンジンなどが高GI食品です。

 豆類は大豆、あずき、納豆、豆腐などが低GI食品、そら豆が中GI食品、グリーンピースが高GI食品です。詳しくはGI値の表などを見ていただきたいのですが、何となく高GI食、低GI食のイメージはつかめますよね。

 以前、流行した「低インシュリン・ダイエット」はなるべくGI値の低いものを食べて、ダイエットにも役立てようというものでした。ただ、あまり低GI食品ばかり食べ続けるのは無理があり、この流行は長続きしませんでした。

 やはり、玄米より白米のご飯の方が美味しいですし、GI値が高い食品を極端に避けては、食の満足感が得られません。ですから、なるべく低GI食品や中GI食品を摂るようにする。あるいは高GI食品の量が続いたら減らすように気をつけるくらいでいいでしょう。

 糖質を減らし、かえって肉類などが増えるとすれば、また別の弊害が出てきます。霜降り肉や脂身の動物性脂肪は血中のコレステロールを増やして動脈硬化を促進します。更に、炭水化物を減らしすぎても骨髄の機能低下を招き、血管修復役のEPC(血管内皮前駆細胞)があまり出なくなってしまうこともわかっています。

 2013年には肉の過剰摂取でLカルニチンが腸内細菌の代謝によってTMAO(動脈硬化促進代謝物)という物質に変わり、こちらも動脈硬化等を助長するという研究結果が発表されました。さらに、2014年には65歳未満におけるたんぱく質過剰ががん発症と関連することが報告されています。