ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の
かけ心地のよさに未来を見る

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第18回】 2014年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

 3つ目の利用はフィットネスだ。前述の通り、頭に装着するデバイスであるという特徴から、リストバンド型より詳細な活動データを取得できるだけでなく、体軸の傾きや重心などの姿勢に関する情報も取得することができる。例えばよい姿勢で歩こうとしたとき、ずっと鏡を見続けながらその姿勢を保つことは難しい。スマートフォンの画面には傾きや重心の情報をリアルタイムに出すことができ、それを見ながら自分の姿勢を矯正することができる。まさに、自分のことを見るメガネらしい使い方だ。

いざ装着して驚いた

 発表会後に、プロトタイプのJINS MEMEを試すチャンスがあった。非常に驚いたのは、普通のメガネと変わらぬデザインで目の動きを完璧にセンシングできていることではなく、かけた瞬間の感覚だった。とにかく軽かったのだ。

 Google Glassを普段使っていると、どうしても、カメラやユニットが集中する右側に主さのバランスが集中し、決して疲れるほどの重さではないのだが、「Google Glassをかけている感覚」を耳やこめかみに感じることになる。ウェアラブルデバイスなのだから、身につける感覚はあっても、ハンズフリーになればよいのでは、と考えてきた。

 しかしJINS MEMEをかけてみると、今までのウェアラブルには負担を強いられていたことがよく分かった。非常に軽いかけ心地で、鼻、耳などに、フレームが触れている感触こそあるが、重さを感じることはない。さすがAir Frameをヒットさせたメーカーだ。

デザインを担当した和田智氏。見せつけるテクノロジーではなく、自然な姿を目指したと話す

 そして、デバイスの役割分担についても納得いくものだった。Google GlassはあのデバイスそのものがAndroidで動いているが、基本的にスマートフォンと組み合わせて利用する。そう、スマホと連携させるというのがウェアラブルデバイスの1つのデザインパターンなのだ。

 JINS MEMEはそのパターンの上で、メガネには精密なセンサーを、スマートフォンにはデータ分析と「自分を知る」ための機能をそれぞれきれいに分類し、ウェアラブルデバイスを身につけるユーザーの負担を極限まで下げ、より自然なものにしたのだ。

 MEMEのデザインを担当したのは、アウディなどのデザインで世界的に知られる和田智氏。「JINSさんの役割として、テクノロジーを見せつけるのではなく、日々の生活の中で自然に触れられるものとして、テクノロジーを包み込んだ」とデザインする際に意識したことを振り返る。

 見せつけるデジタルから、溶け込む自然なデジタルへ。身につけるという意味では意識しないが、確実に生活をアシストしてくれる。そんなちょうどよいバランスが、JINS MEMEから感じられた。2015年に、JINSらしい価格で届けるとする田中氏。非常に楽しみな、未来のデジタル生活を作ってくれそうだ。

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

松村太郎
[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧