経済面以外でも、働いていた方が「精神的な余裕・安定」が生まれるという意見が散見した。ただし、「子どもができるまで」(20代前半/京都府)、「でもお金たまったら主婦業に専念してもらいたいですね!」(20代前半/茨城県)、「子どもができるまでは2人で働きたい」(20代後半/東京都)といったように、子どもができるまで、貯金ができるまでといった「期限付き」での共働きを希望している男性が少なくないことがわかる。

 それでは女性の意見はどうだろう。

■共働きを希望する女性の意見

・経済的に余裕ができる
 「収入面でいろいろと使える幅が広がるから」(20代前半/神奈川県)
 「今の世の中、共働きじゃないと生活できないと思うから」(30代前半/福岡県)
 「生活レベルをさげたくない」(20代後半/神奈川県)
 「家計のため。家庭以外の場所にも自分の居場所があったほうがお互いのためになる。成長できると思います」(30代後半/東京都)

・社会に出たい
 「社会とつながっていたいから」(20代前半/富山県)
 「社会とのかかわりがない家庭の中だけの生活は嫌だから」(20代後半/福岡県)

・互いに協力したい、対等でいたい
 「お互い協力しあいたい」(20代半ば/兵庫県)
 「お互いが対等でいたいから」(30代前半/東京都)
 「お互いがいつまでも相手を尊重できるため」(30代前半/東京都)
 「相手に依存して人生でやれることの幅が狭まるのはもったいないから」(30代前半/東京都)

 女性側にも、「子どもができるまでと子どもが大きくなってから働きたいかな?」(20代後半/兵庫県)、「子どもができるまでは働きたいです」(30代前半/群馬県)など、子育て中は家庭のことに専念したいという意見もあったが、働くことで「自立したい」という内容の意見が目立ったのが印象的だった。

共働きを希望しない男性
「子どもがかわいそう」「帰宅時に迎えて」

 それでは、共働きを希望しない人の意見を見てみよう。まずは男性から。

■共働きを希望しない男性の意見

・子どものことを考えて
 「子どもが可哀想だから」(20代前半/長野県)
 「子どもを鍵っ子にしたくないため」(20代前半/愛媛県)
 「子どもの教育に制限がかかる、食生活に影響が出るから」(20代後半/東京都)